浮気調査 自力 探偵

確実に浮気の証拠を掴みたいならプロの探偵や興信所がベスト

浮気調査は自分でやるのは難しい

 

相手が浮気をしているのではないかという疑いがある場合には、浮気の証拠を掴むことができるようにしたいものです。

 

そこで自力で浮気調査をやるのがいいのか、探偵や興信所などの浮気調査のプロにやってもらうのがいいのかと迷うところでしょう。

 

ある程度自分の取った記録で行き先などの見当がつき、自分で相手にわからないように尾行ができればいいのですが、なかなか現実的には難しい場合が多いです。
確実に浮気の証拠を掴むのであれば、費用はかかるとしてもプロの探偵に依頼をするほうが浮気調査はスムーズに進みますし、裁判でも使えるような確実な証拠が手に入ります。

 

そのあたりは自力でどの程度できるのかということで考慮しながら、決めていくようにするといいでしょう。

 

 

相手を思いやる気持ちがあったから、結婚をしたというのに二人の気持ちにすれ違いが生じてしまうこともあります。

 

そのあらわれがあったとしたら、不信感も募ることでしょう。

 

ずっと思い悩み、苦しい気持ちでいるよりも、解決の方向に動いたほうが精神的にも楽になることでしょう。

 

そこで真実は何なのかということを知るために行動をしていく必要があるのです。

 

現実を知るということはつらいことになる場合もあるのですが、それでも先のことを見通して、事実を確認していくようにするといいでしょう。

 

自分でおかしいと思うことがあったら、まずは相手の行動記録をとることから始めてみましょう。

 

そこから、相手の行動パターンがわかり、何かを解決するためにヒントが見つかるかもしれないのです。

 

浮気の証拠は探偵で

 

GPSやLINEのロックを勝手に解除するのは違法性あり

浮気調査は自分でやるのは難しい

 

自分で浮気の証拠を掴もうと調べる場合、下手な浮気調査は違法になることもあります。

 

浮気調査を探偵に依頼せずに自分で行う、いわゆる自己調査によって解決しようとする人は少なからずいるものです。

 

しかしいくら相手が浮気をしている疑いが強いからと言ってなんでもして良いというわけにはいきません。

 

調査の方法によっては法律上許すことが出来ないこと、違法とされることだと断定される可能性もあり、そうなるとのちに離婚が請求したとしても別件で自分が訴えられるリスクにつながります。

 

よって調査はなるべくプロに依頼すること、もし自己調査を行うのであれば法律上の判断基準を知っておくようにしましょう。

 

 

では、具体的に自分でやる浮気調査で何をすると違法なのでしょうか。

 

浮気調査においては何をしてはいけないのかというと、これはケースバイケースであるためなんとも言えないところもあります。

 

ただ特に注意をしなくてはならないのが「配偶者の携帯電話にロックがかかっていて、それを勝手に解除してメールの内容を盗み見る」といったことです。

 

これは浮気を自己調査でなんとかしようとするひとが真っ先にやってしまいがちなことなのですが、これは「親書開封罪」に該当するリスクがあります。

 

また配偶者の手帳や財布を勝手に開けて証拠を得ることも親書開封罪に該当するリスクがありますし、所有者が夫婦・カップルのどちらか一方となっている車などの財産にGPSを取り付けるのもプライバシーの侵害に当たります。

 

こうしたことをすると最悪の場合慰謝料請求によって調査をした側がお金を払うことになりかねませんから要注意です。

 

浮気の証拠は探偵で