浮気 証拠がない

関係修復も離婚も慰謝料も全ては証拠を掴むことから始まる

浮気は絶対許しません

 

浮気の証拠とは「継続的な不貞行為」の関係にあることを立証できるものです(ラブホテルに入って出てくる写真が数日間分あるという場合など)。

 

その証拠なくしては、離婚を拒否する権利も離婚を請求する権利も、はたまた旦那(妻)や憎き浮気相手からも慰謝料請求することもできません。

 

そして、その決定的な証拠を掴むためには自分の力ではほぼ不可能です。どうしても、探偵の力が必要になります。

 

生涯一緒に生きるつもりで結婚をしたとしても、価値観が違ったり、相性が悪かったりして気持ちが変わってしまうこともあるかもしれません。

 

毎日の生活をともにしていくのであれば、それは致命的でしょう。そういったことが理由になることもあって、場合によっては片方が浮気をしてしまうこともあるかもしれません。

 

浮気というのは日本では、不貞行為として正式に離婚理由になるものです。

 

離婚をするつもりでも、やり直すつもりでもいずれにしても事実をはっきりとさせることで、物事を自分に有利な流れに持っていくことができるのです。

 

そこで大切なのが、浮気の証拠です。

 

行動などを見ても限りなく怪しいと思っても、なかなか現場を押さえたりすることができなかったりすると決定的な証拠がないということでスムーズに進めることができなくなります。

 

そこで上手に証拠を得るようにしていきたいものです。

 

相手の行動パターンを記録するところから始めるようにしましょう。

 

そして携帯のメールや着信履歴、通話記録やGPS、車のナビなども利用しながら、どういったところで浮気をしているのかなどを調べることができるようにしたいものです。

 

自力でホテルやマンションなどに異性と出入りする場面を撮ることができないようなら、探偵に依頼をして決定的な証拠を得て、相手についても調査してもらうようにするといいでしょう。

 

浮気の証拠がなければ何も始まらない

浮気は絶対許しません

 

旦那の様子が最近おかしく感じ、気を付けて行動を見ていたらスマホを見つめてニヤニヤしていたり、帰宅が急に遅くなったりと浮気の兆候が出ているのに、問い詰めても認めないという事はよくあります。

 

ラブホテルの出入りの証拠写真など、明らかに肉体関係があることを証明できない限り浮気を認めることはないでしょう。

 

その心理としては、自分が不利な立場に立たされ今の生活が崩れることを嫌がっていることが挙げられます。

 

家事や育児などの手間も時間もかかることは妻に任せ、外ではかわいい浮気相手と生活感のない楽しい時間を過ごしているのに、浮気を認めたとたん離婚・慰謝料・家事などの現実的なことが一気に襲ってくるとわかっているからです。

 

離婚を免れたとしても待っているのは妻の機嫌をうかがう窮屈な生活なので、決定的な証拠がない限り認めない方が得なのは明白です。

 

素人が証拠をつかもうと旦那を尾行しても、すぐにばれてしまい警戒されて遠くでデートをされてしまえばもうお手上げになってしまいます。

 

やはり専門業者の探偵に任せて証拠をつかむことをおすすめします。

 

離婚をするか・しないかは浮気の証拠を掴んでから決めればいいので、法的に有利になるためにも、自身の精神的なもやもやとした気分をいつまでも抱えておかないためにも、早めに決断するようにしましょう。

 

浮気の証拠は探偵で