浮気 離婚 証拠

確実な浮気の証拠を掴んでおくことで将来的に全て有利に運べる

浮気調査は自分でやるのは難しい

 

これまで過ごしてきた配偶者と浮気が原因で離婚するためには、浮気をしている証拠が必要なります。

 

それも確実な浮気の証拠が必要であり、中途半端な証拠では離婚できないので注意が必要となります。

 

確実な浮気の証拠とは継続して不貞行為があったと証明できるような証拠です。

 

例えば、浮気現場を撮影した写真であるとか、そういった必要なものを提示することができれば、浮気が原因で離婚することも慰謝料を請求することも可能です。

 

 

ただ、この浮気の証拠を集めるのは想像以上に大変です。

 

個人で調査をして証拠を集める方法がありますが、それはリスクが高く相手にバレる可能性が高いです。

 

バレてしまった場合、証拠を掴むことが難しくなってしまうため、分かれること前提で調査を進めるのであれば、最初から探偵や興信所に調査を依頼すると良いでしょう。

 

 

探偵や興信所は浮気調査のプロ集団が在籍しているため、確実に浮気の証拠を集めることができます。

 

調査期間中は定期的な連絡があり、重要な出来事が発生した場合はリアルタイムで連絡が入ります。

 

調査期間は1〜2週間ほどの場合が多いですが、事前の情報の量や質によっては浮気調査の期間は短くなったり長くなったりします。

 

気になる浮気調査の費用ですが、およそ総額で20万円から50万円程度が相場となります。

 

高いと感じるか安いと感じるかは個人差ありますが、確実な浮気の証拠を集められる精神的な安心感や将来の権利(慰謝料請求や浮気相手と別れさせることなど可能になる)を考えると高くはないでしょう。

 

浮気の証拠は探偵で

 

浮気現場を押さえることができれば最高の浮気の証拠ではあるが・・・

浮気調査は自分でやるのは難しい

 

配偶者の動きがおかしい、浮気しているのではないかと不審に感じることがあったら、浮気を疑ったりするものでしょう。

 

毎日ともに生活をしていると、ちょっとした変化であっても違和感を感じたりすることもあるのです。

 

そういったときには、こまめに記録をとっておくようにすると、後で役に立つこともあるのです。

 

例えば、帰宅の時間や車のナビの行き場所の設定、携帯の記録など、急に相手の態度がおかしいと感じるようになったら、それを解決をするための糸口になることもあるのです。

 

 

自力でできることなら、配偶者とその相手が密会をしている現場を押さえるようにすると、それが動かぬ証拠になります。

 

浮気現場として判断されるのが、ホテルやマンションなどの密室状態にあるところに二人ではいるところを写真や映像で撮るようにするといいでしょう。

 

また、入る時間や出る時間も記録しておくと、男女が密室になる場所に入ったということで、浮気をしているとみなしたりするのです。

 

 

しかしながら、自力ではなかなか難しいこともあるので、そういった場合には探偵事務所や興信所などで浮気調査を依頼するといいでしょう。

 

高額の費用がかかるというイメージがあるのですが、ポイントを絞った調査であれば、リーズナブルにおさまるものです。

 

浮気の証拠は探偵で